スポーツ選手の健康を支える、栄養の資格一覧


スポーツ選手の成功を影で支えているのは、さまざまな資格取得者たちです。彼らが専門的な知識をフル発揮することによって、スポーツ選手はスペシャリストとしての肉体作りを行うことができ、それを高度なパフォーマンスにも繋げることができるのです。

では、スポーツ選手の健康を支える栄養系資格にどんなものがあるのか見てみましょう。

0763cdc6b3bc6869b0aa72694716cc0b_m

スポーツ選手の健康を支える、栄養の資格について

まず一つは、スポーツフードアドバイザーがあります。

これはスポーツ選手に試合のための適切な食事指導を行ったり、運動のための栄養指導を行うことを目的に、協会指定の教育訓練を受けてそのカリキュラムを修了したものに与えられる資格です。

受験資格は特になく、認定教育機関が行う教育訓練の全カリキュラムを終了すれば、資格を得ることができます。履修内容は、体と栄養に関する全般、運動とエネルギーに関する全般、スポーツと食事に関する全般、スポーツ選手のメンタルなどです。

スポーツ選手の健康を支える栄養資格といえば、公認スポーツ栄養士もあります。

こちらはスポーツ選手の食環境や栄養教育を行うことを目的に、社団法人日本栄養士会および公益財団法人日本体育協会によって認定される資格です。
資格を取得した人は、フィットネスクラブや健康増進センターなどで、スポーツ選手たちの健康と栄養をサポートしています。

スポーツ栄養士に勝るとも劣らないのが、ACCA認定スポーツ栄養スペシャリストです。

こちらは専門的な栄養指導とレシピ指導を通じて、選手がベストなパフォーマンスを行えるようサポートするための資格です。最近ではこの資格に対するニーズがスポーツ界で高まってきており、資格取得者はプロアスリートの試合に帯同したり、病院やフィットネスクラブなどの現場で活躍しています。

指定の学校に通う必要はなく、通信講座を修了することで取得できる資格です。スポーツ選手の健康を支える栄養資格、もう一つご紹介しましょう。

それは、アスリートフードマイスターです。

こちらは食事と健康に関する専門的な知識を学び、スポーツ選手の肉体作りをサポートするために設けられた資格です。食事と健康についてより実践的な内容を身につけるのがアスリートフードマイスターですが、資格取得はスポーツ栄養士より簡単です。特別な受験資格はなく、日本野菜ソムリエ協会が主催する講習を受ければ資格取得ができます。

どちらかといえば一般向けの栄養指導資格ですが、専門知識を生かしてアドバイザーになったり、コンサルタントの仕事を行っている人もいます。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP