家庭で役立つ!主婦におすすめの栄養資格


主婦が行う仕事の一つは、家庭内で食事を作ることと、健康を管理することです。健康管理は食事に直結しており、栄養の偏った食事を作れば家族の健康は損なわれます。そこで今回は、食と栄養に関する実践的な知識が得られる栄養資格についてご紹介します。

これだけはぜひとっておきたい・・主婦におすすめな栄養資格3つがあります。

1a9c8c20d6f98009836bbdac2aec87d3_m

 

家庭で役立つ!主婦におすすめの栄養資格について

まず最初は、食育スペシャリストです。この資格は、食と栄養に関する深い知識を習得した人、また食に関連したプレゼンテーション力を身につけた人に与えられる認定資格です。
受験資格は特になく、食に関する正しい知識を学びたいと思う人なら誰でも受けることができます。資格取得の流れは、指定された食育講座の全カリキュラムを修了し、その後で認定されるという形です。

食育スペシャリストは比較的安い料金で講座を受けることができ、とても人気があります。
資格取得のメリットは、食と栄養についての正しい知識を学んで、それを家庭の食生活に生かせること、プロとして食育指導を行ったり、情報発信できること、プレゼンテーションができることなどです。

お次に紹介するのは、食育インストラクターです。こちらもよく耳にする名前かもしれませんが、料理の鉄人でもおなじみの服部幸應氏が監修した資格です。

非常に知名度がありまた人気のある資格なので、これはぜひチェックしておきましょう。資格の概要は、食育についての全般的な知識の習得で、食に関する幅広い知識を得ることはもちろんですが、その知識を日常の食生活に生かすことも目的にしています。
受験資格は特にありませんが、指定の通信講座を受ける必要があります。

講座のカリキュラムを全て修了したら認定試験を受けて、合格したら資格取得となります。食育インストラクターになるメリットは、食に関する幅広い知識を家庭生活に生かせること、また資格を名乗って食育指導をした情報発信ができることです。

最後に紹介するのは、食育メニュープランナーです。こちらは、人に合ったレシピを考える能力を持った人材に与えられる資格です。
人間は一人一人年齢や体調が異なっており、その違いに合わせた食育メニューを考える必要がありますが、そのメニューを考えられるのが食育成メニュープランナーです。

年代に合わせたバランスのいいレシピ、また体調に応じたレシピについて学び、体と心の健康を食事から提案できるスペシャリストを目指します。こちらも受験資格は特になく、指定の通信講座を受けた後、認定試験に合格すれば資格取得できます。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP