栄養士資格取得の方法とメリット


栄養士になろうとする人が近年増えていますが、その資格を取得するにはどうしたらよいのでしょうか。

栄養士資格取得の方法とメリットとは

まず、栄養士になるためには厚生労働大臣が指定した栄養士養成施設というところで勉強をして卒業をしなければなりませんが、この施設には大学や短大、さらには専門学校が含まれます。

これらの施設で勉強を始めるためには高校卒業以上の資格が必要となることを覚えておきましょう。栄養士になるには、それぞれの施設で定められている2年から4年の学習過程を終えて、必要な単位を取っているなら、卒業のときに栄養士の免許を取得することができます。

この栄養士の資格を取得することにはいくつかのメリットがあり、一つは女性に活躍の場が広がっていることをあげることができます。特に、結婚や出産などでいったん仕事を辞めたり休職したりしても、比較的復職しやすいのが栄養士です。
それで、将来設計をするときに仕事を見つけやすかったり継続しやすかったりする栄養士を職業として選ぶ方がたくさんいます。

そして、栄養士として実務を積んでいくと管理栄養士というより世間からの信頼と認知度がより高い資格を得ることができ、仕事の内容が献立を作ったり栄養指導を従業員や学生たちにしたりと活躍の幅が広がったり、仕事場からの期待が上がり、仕事のやりがいが増えたりするというメリットもあります。

さらに、栄養士の資格を取得することにより、職場で特別手当が付くことがあるのもうれしいポイントでしょう。調理の仕事を他の従業員と同じようにしているとしても、この資格があるかないかだけで収入が変わってくるのです。

しかも、栄養士の資格を持っていることにより、昇級したり、調理場の責任者として仕事を任されたりすることもあるのです。
高齢化社会のために、病院や介護施設では、今まで以上に栄養についての知識を織り込んだ調理をしたり、献立を作ったりすることが求められていますので、栄養士や管理栄養士の求人は他の調理の仕事に比べると多いと言えるでしょう。

もちろん、栄養士になるためには学校に行かなければいけませんので、そのための費用も100万円前後が1年ごとにかかりますので決して小さな出費ではありませんが、これらのメリットを考えてみると、今後安定して需要がある仕事をしていくための投資と見ることができ、頑張る価値のある資格と言えるでしょう。
奨学金の仕組みがあったり、入学金を免除したり半額になったりする制度がありますので、事前にそれぞれの学校をよく調べて自分に合ったところを選ぶようにしたいと思います。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP