独学で取れる栄養資格3選


学校に行かなくても独学で取れる栄養資格もありますが、今回はその中の3つを紹介しましょう。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_m

独学で取れる栄養資格3選について

まず一つ目は、食生活アドバイザーです。
これは食生活に関する幅広い知識を持っている人に与えられる資格で、食生活アドバイザー3級や食生活アドバイザー2級があります。食生活全般を網羅する資格として知られる食生活アドバイザーは、食事や栄養に興味のある人なら誰でも受けることができ、難易度もそれほど高くありません。
食生活に関して幅広い知識を持っていること、またそれを健康管理に活用できるスキルがあること、この二つを習得することが食生活アドバイザーの資格を取得する条件です。食生活アドバイザーを取得すると、ホームヘルパーとして働いている人は、その資格との相乗効果で今の技術を飛躍的にアップさせることができます。
もちろん飲食店に勤務する場合にも生かされますし、食と健康に関わる職業分野ならどこでも重宝される資格です。

二つ目にフードコーディネーターという資格をご紹介しましょう。
フードコーディネーターは栄養士の中にも取得希望者が多いほどの注目資格ですが、こちらはフードビジネスのマネジメントやプロデュースができる能力を身に着けた人に与えられる資格です。飲食店を中心に各方面で活用できる資格であり、日常生活、家族の健康ケア、キャリアアップ、転職でも役に立ちます。
また、資格を生かしてメディアに進出することも可能であり、フードコーディネーターとしてテレビ番組に出演したり、雑誌で活躍する機会も開かれます。
もちろん、フードコーディネーターはフードビジネスのプロデュースができる人材なので、飲食業界に入って飲食店をプロデュースすることもできます。

三つ目に紹介するのは、フードアナリストです。
こちらも独学で取得できる栄養資格の一つですが、フードアナリストはレストランの料理を評価したり分析したり、店の雰囲気を評価できる人材に与えられる資格です。
この資格があれば、専門的な知識を生かしてフードサービスのスペシャリストになることができ、飲食業界やグルメの世界で活躍することができます。
ただし、フードアナリストが習得しなければならない知識は多岐に渡ります。世界の料理のお酒を覚えることはもちろん、食の歴史、栄養の基礎知識、食材について、テーブルマナーのことも極めなければなりません。
フードアナリストはとても人気のある資格であり、飲食業界に関心のある方やグルメ好きの方にとても向いています。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP