調理師になるための条件と資格取得方法


調理師になるための条件と資格取得方法について

調理師になるには主に二つの方法があります。
まず一つは、学校に入る方法で、調理師になるための専門学校に入り、1年以上勉強して卒業することによって試験を受けることなく調理師免許を取ることができます。または、調理師の専門課程がある高校や大学に入って、卒業と同時に無試験で調理師の免許を取れる学校もあります。もう一つの方法は、飲食店で2年以上の調理の実務経験を積んで、調理師試験を受けて調理師免許を取得する方法です。

調理師になるにはこれら二つの方法が主にありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

学校に入る方法のメリットですがこれは基本からしっかりと調理や食材について学ぶことができると言うことにつきます。専門学校には調理の世界で長年経験を積んできた先生が講師としているので、実際の調理をしっかり教えてもらえますし、飲食店で働き始めたときに必要となる知識や技術、そしてしきたりなどについても教えてもらえます。

そして、調理師になりたいという同じ思いを持つ仲間たちと学んでいくことができるので、色々と難しいことや悩んだりすることがあっても、免許取得に向けてお互いに助け合いながら進んでいけるところがメリットです。

しかし、デメリットとしては、学校に行くためにどうしても費用がかかってしまいますし、拘束時間も長くなってしまいます。各専門学校や家庭によって違いますがだいたい200万円前後の費用がかかってきます。もし、仕事をしながら学校で学ぶ場合には夜学などもあるので活用することができるでしょう。

実務経験を2年以上積んでから試験を受ける方法のメリットは、実地の経験を着実に積んでいけると言うことです。調理の世界は知識以上に経験がものを言いますし、実際にプロの料理人として活躍している方たちのほとんどが、調理の経験を下積みからしっかり積んでその後に調理師の免許を取っています。

それほど下積みや現場での経験が大切なので、実務経験を積んでから試験を受けるという方法も魅力的です。さらに他のメリットは費用が試験対策用の教材を買ったり、試験を受ける費用だけだったりするので安くてすむと言うことです。

デメリットは、専門学校に行くわけではないので、必ず調理師免許を取得できるわけではないですし、働きながら試験のための勉強をしていくことは時間や体力の点でもきついので、合格率が下がってしまうことがあげられるでしょう。

活躍の場が広い調理師になるにはこれらの方法がありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP