通信教育で受講する製菓衛生師のスクール一覧


お菓子作りのプロと言われる製菓衛生師とは厚生労働省が認めている国家資格です。この資格を得るには、通信教育などの専門学校を卒業して、製菓衛生師国家試験の受験資格を得ることが必要になります。

通信教育で受講する製菓衛生師のスクールについて

例えば、京都製菓技術専門学校の通信教育では、製菓衛生師になるために3つのコースが用意されています。

昼間の授業で学んでいくことができる製菓衛生師1年コースと2年コースの二つ、さらに夜の授業による1年コースの合計三つがあります。特に人気があるのが、短期間で集中して学べる1年コースで、昼間の部なら学校に行って授業に出るスクーリングが29日間、夜の部なら59日間となります。キャリアアップ研修のために昼間の部を選ぶ方がいたり、昼間に仕事をしている方や主婦業が忙しい方は夜の部を選んだりしています。

専修学校日本菓子専門学校では、菓子製造に関わる衛生や経営、また食材や製造方法などについて幅広く学んでいくことができます。
1960年から製菓についての教育を行っている歴史ある日本菓子専門学校は、製菓業界にたくさんの人材を送り出してきました。国家試験に受かることを視野に入れた教育が行われ、卒業と同時に製菓衛生師国家試験の受験資格を取得することができます。

学校法人後藤学園智泉は1年間の通信教育課程を通して製菓衛生師になるべく多くの教育を行っていきます。
企業で働いている社会人や、大学や短大で学びながら資格取得を目指す方が効率的に勉強していくことができるように特別なカリキュラムを作成し、自宅で自分のペースで学習していけるようになっています。また、実習に関しては最新設備を整えた環境で行うことができるので、実際に現場に入ったときに、困ってしまうことがありません。

国際製菓専門学校は2年の製菓衛生師の受験資格を取ることができる通信教育科を設けています。
この学校は少人数で学校での授業を行うため、講師が生徒たち一人一人に注意を払うことができ、全員が理解するまでサポートをすることができます。

また、スクーリングの時間が少なめに抑えられているので、遠方から通わなければならないとしても負担にならないように配慮されています。そして、飽きることなく家でも学習していけるように、同じ科目が続かないようにも工夫されています。

このように製菓衛生師になるための通信教育課程というのはバリエーションがありますので、学校の立地場所と自宅との距離などを考えながら、1年や2年間、継続して勉強できる学校を選ぶようにしましょう。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP