野菜ソムリエのお仕事と活用方法


野菜ソムリエと聞けば、とても響きのいい資格ですが、この資格を取得した人は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?まず、野菜ソムリエとはどのような資格であるのかを確認しましょう。

野菜ソムリエとは、野菜と果物についての知識を習得し、それを用いた調理法や食べ方を人に伝えることができる資格のことです。いわば野菜と果物のスペシャリスト、それが野菜ソムリエです。
では、野菜ソムリエはどのような仕事に携わっているのでしょうか。

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_m

野菜ソムリエのお仕事と活用方法について

一つは、レストランやカフェなどでレシピの開発担当になることです。飲食店でも野菜や果物を用いたメニューが出されますが、他店との差別化を図るためには、個性的かつ安全なメニューを提供しなければなりません。
そこで活躍するのが、野菜ソムリエというわけです。野菜ソムリエはレストランやカフェなどで、野菜と果物の知識を活用したレシピを開発していきます。

また、野菜ソムリエは野菜と果物のスペシャリストですから、スーパーや青果店に勤めることもできます。担当するのは青果販売業務ですが、野菜ソムリエの知識をフル活用すれば、青果の販売促進を円滑に行うことができます。

販売の最前線では、お客さんから果物や野菜について尋ねられることもあるでしょう。
そのとき、知識がなければ何も答えられませんが、知識がある野菜ソムリエなら的確に答えることができます。

飲食業界、青果店とくれば、次は食品関係企業です。
パッケージ商品を製造する企業の中にも、野菜と果物を使用するところがありますが、こうした企業の中に入って野菜ソムリエとして活躍している人もいます。担当はもちろん商品開発、習得した野菜と果物の知識を生かして、安全でなおかつ画期的な商品の開発を行います。
このように、野菜ソムリエがお仕事は多岐にわたっています。

さて、せっかく野菜ソムリエの資格を取得したのであれば、それを上手く活用しなければなりません。

例えば転職においては、野菜ソムリエの資格保持者を優遇しない会社ではなく、野菜ソムリエの資格保持者を優遇する会社に就職することです。こうすれば、飛躍的な給料アップを行うことができ、野菜ソムリエの資格を上手く活用できたことになります。

また、食品関係の会社で面接を受ける場合は、単に資格を持っていることをアピールするだけでなく、資格取得者が求められる状況があることを伝えるようにしましょう。例えば、世の中では今、食の安全が問われていること、そして多くの人が安全な野菜と果物を口にしたいと思っていることなどです。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP