雑穀アドバイザー資格の難易度と合格率について


雑穀についてのプロフェッショナルになれる、雑穀アドバイザーという資格があります。雑穀アドバイザーの資格は、雑穀に関する知識と調理方法をマスターした者に与えられる資格ですが、この資格を取得しようとする人は少なくありません。

なぜなら、今、世の中では雑穀に対する関心がとても多く集まっているからです。
その理由は、雑穀に含まれる成分には健康や美容にいいものが多いからです。それが嘘でない証拠として、雑穀アドバイザーの資格はタレントなど有名人にも取得希望者がいるほどです。

4bd2d8b68e610a2339524750e06e873d_m

タレントといえば健康と美容が重要なテーマとなる職業ですが、そうした世界で雑穀アドバイザーの資格は認められているのです。

雑穀アドバイザー資格の難易度と合格率はどれくらい?

さて、それでは雑穀アドバイザー資格の難易度や合格率はどのぐらいでしょうか。
この資格を取りたいと思っていても、まずは試験の難易度と合格率を知っておきたいと思ってる方のために、詳しく調べてみました。

雑穀アドバイザーになるには、まず雑穀エキスパートにならなければなりませんが、その雑穀エキスパートの試験の合格率は75%〜80%程度です。
100人が試験を受けたらその半分以上、75人から80人は受かる計算になりますので、合格率はかなり高く、試験の難易度もかなり軽いといっていいでしょう。

タレントの方もこの資格を取得することを望んでいる人が多いと言いましたが、多忙な生活の中で勉強をする時間もないはずのタレントさんでさえ、現実的な目標として雑穀アドバイザーになることを目指しているのであれば、雑穀アドバイザーの資格の難易度は軽いといえます。
合格率75%から80%程度ですから、少なくとも司法試験のような難関ではありません。

なお、雑穀アドバイザーは雑穀エキスパートになることが前提で、雑穀エキスパートの試験終了後、雑穀アドバイザーの認定試験を受けます。

その前に講習を受ける必要もありますから、雑穀エキスパートの試験合格、次いで雑穀アドバイザーの講習受講、そして雑穀アドバイザーの認定試験という流れになります。
試験内容は、雑穀についての知識と調理方法ですから、雑穀や食に関心があって、普通に読み書きができる人であれば、受験対策も試験問題もクリアすることができます。

雑穀エキスパートよりは難易度が高いのですが、それでも突破できない壁ではありません。繰り返しますが、合格率は75%から80%程度です。100人受験したら、75人から80人は試験に受かるものと考えてください。


栄養学のおすすめ資格

栄養学について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの食育栄養コンサルタントは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて栄養学を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ栄養学の資格はこちら

栄養学資格
栄養学資格TOP